スタバ風UR団地リノベーションプラン

スケルトン&インフィルを上手に活用して、お洒落にスタバ風リノベーション。

今、物件価格が安い団地リノベーションが人気である。

その理由は、物件価格が安い、住環境が良い、建物の耐久性が良くなってきている。

などいろいろとあるが、一番の理由は、自分好みにリノベーションできるからであろう。

新築マンションでは、内装の仕様が決まっていて自分好みにできない場合が多い。

また、内装にこだわるとコストが上がり新築マンションには手が出せない。

しかし、スケルトン&インフィルを上手に活用すれば、安くて満足の内装に仕上げられる。

まず、安い団地のスケルトン(建物本体)を買う。デザイナーや設計士に相談しながらプラン作成。

予算にあわせてインフィル(内装)を自分好みにチョイスし施工店で工事する。

特に人気なのが、天然無垢のフローリングや珪藻土の壁。

ワンランク上のキッチンも魅力である。

また、デザイナーズ家具や照明にこだわっても、新築マンションより安い。

UR団地物件購入するにあたって、特に注意する点は3点。

①水回りの配置

水回りは給排水の配管位置と排気ダクトの位置が決まっている

その為、キッチンやバス・トイレの

位置にかなりの制約が発生する。

②サッシ

意外と大切なのがサッシ。

実際住んでみないと分からないのが結露。

シングルガラスは結露しやすい。

その為、内窓にサッシを追加すると

断熱性が上がり結露が起きにくくなる。

③RC壁式構造なのでとれない壁が発生。

なるべく広くしたいところだが、耐力壁の壁は壊せない。

特に間取りに関しては、既存プランはこまごましている.

WPベース470角団地リノベ002

そこで、2DKは1LDKに!

WPベース470角団地リノベ001

WPベース470角団地リノベ003

 

WPベース470角団地リノベ007

 

WPベース470角団地リノベ005

WPベース470角団地リノベ006

 

WPベース470角団地リノベ008

 

部屋数を犠牲にしても、空間を広く使う工夫が大切であろう。

 

 

特に浴室・洗面が狭いので、間仕切りをガラスにすると

WPベース470角団地リノベ004

空間が広く感じることができます。

ちなみに、仕様プレゼンボードはこんな感じ↓

 

UR仕上げボード

デザインの依頼はこちらから

 

 

関連記事

return top