旅館ロビーに合うデザイナーズチェア

旅館のロビーやラウンジに華を添えるデザイナーズチェア。

建築家・店舗デザイナーなどに絶大なる人気のデンマークのデザイナー。

ハンス J ウェグナー

優れた家具職人でもあるハンス J ウェグナー

これまでに500種類以上の椅子をデザインしている。

代表的作品はThe Chair、Y-Chairなど、

また、その多くが世界中の美術館でパーマネントコレクションとして収められている。

今回は、宿泊されるお客様にインパクトを与え、旅館のロビーやラウンジに華を添える

ピーコックチェアとシェルチェアをご紹介いたします。

ピーコックチェア2 (2)

1. PP550 ピーコックチェア(PPモブラー)

productimage1

背のスピンドルが矢に似てることから「アローチェア」、

もしくは、孔雀が羽を広げた姿から「ピーコックチェア」と呼ばれている。

和のティストにも合い、高級温泉旅館の箱根吟遊のロビーに置かれています。

1脚の価格は約100万円程度。

お勧めは、手触り感のいいアッシュ (ソープ仕上げ)、座:ペーパーコード。

product_main

 

ベース:アッシュ(チーク)、座:ペーパーコード

W760 D760 H1030 SH360 (mm)

 

 

 

ピーコックチェア3

2. CH07 スリーレッグド・シェルチェア(カール・ハンセン&サン)

美しく印象的なフォルムのCH07 スリーレッグド・シェルチェア。

曲線が美しくシェル構造のイージーチェアは、ラウンジやロビーなどに使用される事が多く、

世界中のラウンジやロビーなどに採用されている。

東京の国立新美術館のラウンジにも置かれています。

一脚の価格は約40万円程度。座面の仕様によって異なります。

お勧めは、高級感あふれるウォールナット オイル仕上げ+レザー 307

CH07_woCow_front

ベース:ウォールナット、背・座面:毛皮/レザー

W920 D830 H740 SH350 (mm)

CH07_Detail_01

欲しい方は正規輸入代理店morphica(モルフィカ)へどうぞ!

 

関連記事

return top