インダストリアルスタイルコーディネート

インダストリアルスタイルといえば、無機質な素地を仕上材に使った武骨でファクトリー的なデザインスタイル。

もともと、工場やプラントは設備にコストがかかるため、仕上げ材は躯体の素地のままになる。

最近では、工場やプラントの夜景ツアーが人気である。

今回は、武骨な素地仕上げに高級家具を組み合わせたインダストリアルスタイルコーディネートを考えてみました。

床は、コンクリート仕上げ風タイル。

壁は、アクセントの左官仕上げ。

照明は、シンプルなエジソン球タイプのLED。

また、黒ガス管を使ってハンガーパイプやカーテンレールや収納ラックなど作るとより素敵になると思います。

もちろん、配線・配管関係はむき出しがかっこいいので、ステンレス電線管などを使うといいと思います。

 

インダストリアルスタイルコーディネート

 

関連記事

return top