NOMA orgnic hair salon

美容室を開業するには、保健所に申請する必要がある。

保健所の基準では、作業面積は13㎡以上である。

また、それ以外に客待ち場所や、トイレ・採光・照明(100lux以上)・換気(炭酸ガス濃度0.5%以下)など細かい基準がある。

今回の物件は、作業面積が13㎡ぎりぎりの案件で、設計に大変苦労した。

最初に行うのがコンセプト。

ただ単に美容室をオープンさせるには簡単だが、事業を継続させるのが難しい。

何を強みにするのか?どんな客層をターゲットにするのか?

そのコンセプトに合った、イメージしやすい店舗名を一緒に考えデザインに表現していく。

今回のコンセプトは、天然素材やオーガニックにごだわったシャンプーやカラーを使い、髪にも地球にも優しい美容室。

客層は30代以上の自然素材やオーガニックにこだわる女性。

当然、店名にはオーガニックを入れる。

また、店舗のデザインは、シンプルにするため使う色は2色のみ(ベースカラ―+アクセントカラー)

もちろん、使う仕上げ材料は素材感のあるテクスチャーや天然素材を多く使う。

特にこだわった部分は、照明とミラー。

女性の肌を綺麗に演出する高演色の照明と高精細のミラーは必須である。

照明は高演色LEDで遠藤照明のアパレルホワイト。

シーンに合わせて調光出来るようにした。

ミラーは、サンミラーGリアリティア5㎜(AGC)。

ファサードはジョリパッドゆず肌仕上げ。

店内の壁・天井の仕上げは珪藻土。VEでAEPに変更。

床はモルタル金鏝仕上げ+樹脂コーティング。

造作材は、ウォールナット。VEでタモに変更。

待合用の椅子は、ピーコックチェア(正規品)。VEで無し。

セット椅子は、ザ・チェア(正規品)。VEでリプロダクト品。

外部建具は、特注欄間付焼き付け塗装スチールサッシ。VEで欄間無し。

デザイナーとしては、VEでカットされるのは、大変残念で辛いものである。

 

■平面図

平面計画で工夫した点は、セット台のレイアウトをフレキシブルに変更できるように、ミラーはピクチャレールで吊り下げるデザインにしカウンターを長くて、左側2脚パターンと左右1脚パターンを可能にし、受付台も移動式とした。

■立面図

■ファサードパースA案【ダークブラウン】

■ファサードパースB案【ライトベージュ】

■内観パース1-A案【ダークブラウン】

 

■内観パース1-B案【ライトベージュ】

■内観パース2-A案【ダークブラウン】

■内観パース2-B案【ライトベージュ】

 

■ファサード竣工写真

 

■内観竣工写真1

■内観竣工写真2

関連記事

return top