TATSUSHI TOMIOKA

建築家とは・・・

施主のニーズを具現化する仕事である。

しかし、施主のニーズを100%具現化することはしない。

なぜなら、法規・安全性・使い勝手・材料の納まり等々、譲れない部分があるからである。

では、どのくらいのバランスが良いのか?

黄金比、フィボナッチ、海と陸地、ユダヤの法則、パレードの法則・・・。

いろいろあると思うが、自分が良いと思う比率。

施主のニーズ約80%、建築家のこだわり約20%

このくらいの比率が、心地の良い建物を造るコツだと思う。

空間構成も同じ。

実用的な空間80%、遊びの空間20%。

部屋の空間80%、収納20%。

プロフィール

1970年埼玉生まれ。

埼玉県の総合技術高等学校の情報技術科を卒業。

友人の紹介で大手広告代理店に就職し、中古車情報誌の広告制作を5年経験。

建築家で、1年のうち11か月仕事をして、残りの1か月をハワイで過ごすという

豪快な後輩のお父さんの話を聞き衝撃が走る。

自分も建築家になり、ハワイ生活をGETするため、25歳の時に大手ハウスメーカーに転職。

2×4とRC住宅を13年。商店建築の斬新なデザインに魅せられ、店舗デザイン会社に転職。

店舗デザインを2年経験後、プロデュース東京を設立。

独学で、インテリアコーディネーター・二級建築士・一級建築士を取得。

現在は、建築・住宅・店舗のデザインとコンサルタント業務を日々こなしている。

愛車は、ローバーMINIクーパー1300BSCC-LTD。

改造は、、エアクリーナー、車高調、センターマフラー、ヘッドライト…

エンジンオーバーホール4回・ミッション交換2回・マフラー脱落4回・ラジエーター交換2回・etc…。

色々と壊れるので、家族や友人から「いい加減捨てろ!」と言われ続け10年。

ダートを爆走しスピンしてコケる。フレームにひびが入り、無念の廃車。

今は、FIATの折りたたみ電動自転車で麻布十番界隈に出没。

麻布浪花屋総本店のたいやきとスターバックスの抹茶ラテをこよなく愛す。